ネットワーク開発職の仕事

職種紹介

ネットワーク開発職の役割って?

サーバープログラムの設計・実装やデータベース構築を中心に、ゲームコンテンツと連携するWebやモバイルサービスの設計・実装なども含めて、“オンラインコンテンツ”全体を構築する為に必要なネットワーク技術全般を担当します。

オンラインコンテンツを開発するためのスペシャリストであり、設計段階から開発までを担っています。

どんな仕事なの?

専門性を活かしてアイデア提案から実装まで担当する

企画職などから提案されるアイデアのうち、ネットワークに関わる部分の設計から実装までを幅広く担当します。たとえば、プラットフォーム側(PlayStation Network、Xbox Live等)で提供されている機能だけでは足りない場合に、独自サーバーでの実装なども行います。

ソフトウェア開発職や設計職など他の職種と役割が完全に分かれているというわけではなく、設計段階では設計職やソフトウェア開発職と協力して仕様を策定することもありますし、ネットワーク開発職からネットワークの特性を使ったアイデアを企画職に提案する場合もあります。

このように“ネットワーク”という専門性を活かしてゲームをより良くするために、提案から実装までできる幅の広さがあります。

ネットワーク表現で遊びの本質をもっとおもしろくしたい

『DARK SOULS』では、サーバーに保存されているプレイデータやプレイヤーが残した痕跡を活かしたネットワークを実現し、楽しんでいただくことができました。

ネットワークはゲームのおもしろさの本質に関わる可能性の高い分野です。日々発達していく技術をどのようにコンテンツに活かすことができるか、まだまだ試せることはたくさんあると考えています。

ネットワークがどれだけゲームに対してネットワークであることを意識せずに影響を及ぼせるか、新しい“ネットワーク表現”を作っていきたいと考えています。

必要な知識・求められる人材とは?

プログラムをする仕事なので、ソフトウェア開発職と同様、プログラム言語と基本的なアルゴリズムの知識は必須です。

また、DB関連知識や通信技術(P2P/Server-Client)、セキュリティ関連知識(暗号化、DRM)、サーバーサイドプログラム開発経験などもあると活躍できるでしょう。ゲーム関連の中では汎用性の高い分野のため、異業界からの経験を活かしやすいのも特徴です。

新卒採用の場合は、ネットワークの知識や専門性がなくても、オンラインサービス技術への関心や、技術的好奇心が強い方であれば向いています。ネットワーク技術は、IT分野の中でも進化が早く、新しい技術を取り入れやすい分野でもあるので、新しい物好きの方は楽しめる仕事です。

インタビュー

imagecut

PROFILE

職種:ネットワーク開発職

入社:2015年入社

ネットワーク関係のスペシャリスト

私たちの主な仕事は「サーバー開発」と「運用」の2つです。これらの機能要件・非機能要件にまつわる幅広い業務を行っています。

たとえば「サーバー開発」における機能要件の業務とは、『DARK SOULS』でいえば血痕や召喚サインのような、ゲーム仕様に近い部分です。非機能要件は、必要サーバーの規模予測や負荷分散設計、セキュリティなどがそれに当たります。

コンシューマーゲームでは、より良いオンラインコンテンツを提供しようと思うと、自由度の高いオーダーメイドのサーバー実装は不可欠です。当社はより新しいゲーム体験を提供することに力を入れている会社だと思うので、他職種と連携しながら機能要件の整理や提案をしていくことは大きな業務の一つだと考えています。

また、サーバー運用ではサーバー監視や運営担当と連携してのメンテナンス等を行っており、プレイヤーが快適に遊べるように運用し続けるシステムの構築を行っています。

入社後感じたギャップ

imagecut

入社前に想定していた以上に求められるサーバーの性能指標がとても高く、リクエストの分散処理やインデックス構造などがゲームに最適化され設計・実装されていたことに驚きました。こういったことは学生の頃はあまり意識せず、オープンソース等を利用することがほとんどだったため、情報科学的な知見が足りずにはじめは苦労しました。特に長年使い続けた基盤フレームワークの刷新作業を行ったときは、より低レイヤーまで触る機会が多く、相当な勉強が必要でした。

はじめはギャップに戸惑いましたが、先輩たちとの距離も近いので質問もしやすかったですし、勉強や経験を積み重ねていくことで慣れることができました。分野的に技術の流行り廃りも激しく、またサービスの質や開発効率を上げていくための選択肢が多いネットワーク分野において、変化を比較的寛容に受け入れて柔軟に対応できたり、サーバー周りの技術に広く深く触れる機会がある環境に、今では面白さを感じています。

自分次第でできることを増やせる

imagecut

ネットワーク分野、またソースコードなど形あるものに限ったことではないですが、会社には膨大な過去の資産があり、それらも使うか・捨てるか・いかにして代替を用意するか・・・といった選択の連続です。そうした時に最適解を選択するのが私たちの業務なので、ただ稼働実績のみを信頼して選択するのではなく、さまざまな要素を理解したうえでよりよい提案をするために成長が必要だと感じています。

また、一般的なアプリケーションやWeb開発などでは触れない深いところまで触れられたり、新しい技術を取り入れたりなど、やろうと思えばいろいろ試して自分のできることを増やせる環境だと思っています。新しいことに挑戦したい、ネットワークの深いところまでやってみたいという方には興味深く、活躍しやすいと思いますので、ぜひそうした方に入社していただけたらと思っています。